去年の入院騒ぎから一年半以上経ちまして、先日の定期診察も滞りなく。
で、次の検査で異常なしだったら「完治」というお言葉が先生から頂けそうです、ヤッター!
年一の検査はやらなきゃいけないですが・・・それは致し方ない・・・

往々にして病気や怪我というのは人生の節目、と言われますが、自分自身も大きな節目となっている感覚はあります。
なんだか私の後ろに居る誰かが随分とハッキリした性格の方なのか、こういう節目になると変わって行くべき人間関係を180°変わるような状況をセッティングしてくれるんですよね、昔から・・・いま思い返すと、まさに竹を割ったようにスッパリと変えて下さっているw
なので、人間関係でズルズル、という腐れ縁的なモノは持たないで済んでおります。
それを自分も受け入れて、新しい環境で頑張って行かなきゃいけない努力も求められるのがツライと思う事もしばしばあるけれども、ちゃんとそんなヘタレを叱咤激励してくださる人が必ず居て下さるのでこうして立っている事ができていますね・・・ほんと、周りに感謝して過ごさないとと改めて。