V6が出る、それだけで七時以降ずっと音楽番組を見ていた人がここに。
なんだか好きなのです、彼等。6人全員好きというグループなんて今までいなかったから自分で驚いている。
おかげで作文やらアクセ製作の次の予定とか全部飛ばしてしまいましたw
まあV6見て元気出たので、ゆるゆると進めてゆきます。

愚痴っぽい話。
実は六月に紹介貰って新しく行った総合病院があったのですけれど、そこの事務の対応で物凄い不快な思いをさせられまして・・・幾つか総合病院にはお世話になっているのですけれど、今までこんな思いをしたことが無かったので驚いてしまいました。病院によって、こんなに対応が違うのかと。個人院なら解るのですが。

此方は初めてお世話になるので其処の病院のシステムが解らないのに、説明も殆どないままこちらの不足を半ばなじられ、挙句「このシステムを教えなかったあなたの担当医がそもそも悪い」みたいな事まで言い出したりして(でも私の担当医さんはその病院にヘルプで来てくれている外部の方だから、そういったシステムには詳しくない)・・・まあ私の方は構わなくても、ヘルプでその病院に来てくれているお医者さんに対してそういう言い方をする事務員にイラッとしてしまいました。
腹が立ちすぎて、途中から片言みたいな「ハイ」「エエ」「アリガトウゴザイマス」しか言わなくなってしまったw
なんだかそこの病院、他の事務員たちも患者の目に映る場所でお喋りしまくっていて、お医者さんや看護師さんはとても頑張っているのに事務員は弛んでいる人が多いな、という印象の場所でした。

そういう現場って残念だなと思う。自分も業種は違いながらも事務員をしていた経験があるから尚更。
事務員て、お客様(患者)とまず初めに接する立場だから、そこの対応や雰囲気で会社全体のイメージがお客様の中で作られる場合が多いと思うんですよね。
そういう持論から見れば、今回の場合は最悪だったパターン。これ以上、この事務員と関わりたくないとまで思ったもの、私・・・病院自体の質まで心配になったけれど、看護師さんたちに細かい部分を助けていただいたお蔭で安心できたのでした。
もう少し、その病院の事務員さんたちはご自分が思っている以上に患者さんに見られていることを自覚したほうが良いと思う。
きっと病院にアンケート用紙とかあったら書いているわ、この話w